• 2015.8.21
  • 野菜って、どのくらいの量をとったらいいの? はコメントを受け付けていません。

野菜って、どのくらいの量をとったらいいの?

kohl-190821_640

350gの野菜ってどのくらい?

実際に秤に乗せてみました。

レタスやカイワレ、ピーマンなど葉物で摂ると
軽いので相当の量を食べなくてはなりません。

yasainog

しかも、腸セラピーでおすすめしているのは生野菜です。
目標の350g以上を食べるためにはキャベツがいいです!

しかもキャベツには
「イソチオシアネート」という癌細胞を死滅させる成分が含まれていて
血中コレステロールの酸化防止の働きもあると言われています。

でも「イソチオシアネート」はよく噛まないと出来ないので
よく噛んでください。

キャベツは他にも
粘膜を保護するビタミンU(キャベジン)が含まれているのです。

1日に4分の1玉(約250g)摂ればビタミンCもOK
血圧の調整をするカリウム、骨粗鬆症まで予防できるカルシウムも豊富
以外ですが、キャベツの糖質は400gで20グラムあります。

厚生労働省が推進する健康作り運動「健康日本21」では、
健康増進の観点から1日350g以上の野菜を
食べることを目標にしています。

なかなか大変ですがキャベツでgを稼ぎましょう。

そんな素晴らしいキャベツを毎日毎日召し上がってください!!
KOKIRIではおすすめの食べ方もご紹介しております。

コキリのアメブロより転載
>> http://ameblo.jp/kokiri-choumomi/entry-12064193189.html

関連記事

コメントは利用できません。
腸セラピーとは268

腸セラピー静岡出張サロン

digestionmeister

ピックアップ記事

satou

2015.12.20

腸に良い食事で味覚も敏感に!

お客様の声 ~腸に良い食事をして気が付いた事~ 腸セラピーを継続して受けてくださっているお客様は どんなものを食べたら・・体が快…

ページ上部へ戻る